3色陣の平積みはなぜか難しい

パズドラって、、

2色陣の平積みは、慣れれば
そこそこ すぐに
上達するんだけど、、

■3色陣の平積みって
 ムズくないですか?^^;(僕だけ?)

なんか、迷子に
なってしまったり、
最後の方がつまって
しまってうまく組めなかったり。。

ってコトで、3色陣の
平積みを研究しまくって
みました。。

これを読めば、
だいたい ほとんどの
状況が読み込めるように
なるハズです。。^^

(けっこう超大作っぽい
 ページになってしまった。^^;)

。。あ、一点注意なのですが、

■最大火力配置とかじゃ
 ないです!

。。あくまで「平積み」なので、
よろしくお願いします。。^^

呼び方を決めときます。

こういう場合って、
図を描けばいいんでしょうが、、

面倒くさいので、
やらないコトにします。。^^;

(すいません。。)

その代り、「呼び方」を
決めておきます。

■段については、下から
 1、2、3…って呼んでいく

■右側を「右」、左側を「左」って
 呼ぶ

なので、「1右」って
言ったら、「1番下の段の
右側のコンボ」ってコトに
なります。^^

■色は、a、b、cって呼ぶ

。。3色陣なので、abcで
表しますね。。

。。あと、

■1、2段目を「下2段」
■3段目を「中1段」
■4、5段目を「上2段」
 って呼ぶ

。。これはそういう風に
パーツ毎に分けてあげると
分かりやすいって
気づいたからです。

とりあえず、呼び方は
こんな感じで。。

コンボ数はだいたいこんな形

3色陣の「平積み」では、
コンボ数は、

■9コンボが一番多く

なります。

。。で、たま~に

■10コンボ盤面、8コンボ盤面

になります。

(多分、この2つは
 同じ確率なのかな。。)

。。で、ごくごく
マレに、7コンボ以下に
なります。。

僕は、この方法を確立してから
100回くらい練習してみたんですが、
7コンボ以下は「1回だけあった」
って感じですね。。

なので、2色陣よりは、
「平積みのコンボ数の平均値は
 高い」って
言えるのかな、、って
気がします。

「余り」のパターンは4パターン

。。で、3色陣は、
余りのパターンがけっこう
特徴的です。

次の4パターンしか
ないんですよ。。

  1. どれか1色が2個:もう1色が1個(もう1色は0)⇒9コンボ
  2. 余りなし⇒10コンボ
  3. 各色1個ずつ余る⇒9コンボ
  4. 各色2個ずつ余る⇒8コンボ

この「余りのパターンを把握する」
って けっこう大事なのかな、、
って気がします。^^

「迷子」になってしまうパターンは2つ

。。で、

■なんで、3色陣の平積みを
 ミスるのか

って原因を考えると、、

原因1)最後の方のスペースが狭くなり、ミスる。

これは、3色陣だけじゃなく、
「平積み全般」に言えるコトなんですが、、

積み上げていくうちに
どんどん残りのスペースが
少なくなっていって、
身動きが取れなくなる。。

ってパターンですね。。

まず、これを どうにか
してやる必要がありますね。。

原因2)コンボを分割できなくなる

もうひとつは、、

手当たり次第に組んでいったら、
どうしても、色を
分割できなくなってしまう、、

って感じですね。。

。。ま、うまい人なら、
それほど意識しなくても
なんとなく そうならないように
できるんでしょうが。。^^;

。。ま、僕みたいに
できない人もいます。^^

上2段に1色を2コンボ入れてあげればいい

。。で、まず、原因1の
解決法なんですが、、

これは、

★上2段に1色を2コンボ
 入れてあげればいい

ってコトになります。

最後に上2段を組むコトに
なるんですが、、

この時に、最低でも
1色が2コンボあれば、

■それ以外で、
 その1色を2分割して
 あげる

って考えてパズルを
すれば、それほど
ムズくなくなります。。

ちょうど、2色陣の平積みだと、
最後の方は、多少ムズい時も
あるけど、なんとか
対処できる、、って感じに
似てると思います。

なので、目標としては、

★上2段に最低1色を
 2コンボ残すように
 下を組み立てる

コトになります。

そういう風に
下の段もキッチリ組み立てて
あげるので、原因2のような
コトで迷子になるコトも
なくなります。。

。。あと、これは
例外があって、、

8コンボの時(余りが各色2個ずつ)

の時は、上2段を
2コンボにするよりは、
「1コンボずつ」の方がいい
ですね。。

なので、この原則は、
9~10コンボの時に
使う形です。^^

下2段のパターンは恐ろしいほど限られてる

ちなみに、ここでは、

■100%下から組んでいく

形で話しを進めていくので、
上から組みたい人は、
話しを逆さにして考えて下さいね。。

。。で、上2段に
1色を2コンボ残すって
考えて、、

そのためには、

■それより下を
 どうやって組んでいくか

について、考えていきます。。

。。で、分かりやすくなる
ように、

上2段より下を、、

さらに

■下2段

■中1段

に分けて考えていきます。。

まずは、下2段の話し。。

最初に組んでいく
トコですね。。

これって、実は
スゴい特徴的で、、

3色を入れて、下2段を
平積みしていく時は、、

■どれか1色が2コンボになって
 残りの2色は1コンボずつ

になります。

。。ま、当たり前のコト
なんですが、それ以上の
組み方ができないワケなんです。。

なので、「下2段」は
色的には、

★2:1:1

のパターンになります。

これは、頭に叩きこんで
おきましょう。。

。。あ、実は例外が
1つあるんですが、、

それは、2色で組んだ時です。

■2:2:0

みたいに組むコトも
できなくはないんですが、、

今回は、「組み立てを考える」時は、
このような組み方はしないので、、

いったん考え方からは
外してしまいます。。

(。。でも、あとで
 登場するコトになるんですが。。)

ひとまず「下2段」は
「2:1:1」で覚えましょう。。

中1段で2つの選択肢がある

。。で、下2段が「2:1:1」と
いう前提で、

「中1段」

を考えていきます。。

この場合、パターンは
「2パターン」になります。

「3:2:1」

「2:2:2」

です。

勘のいい人なら、
すぐに分かると思うんですが、、

一応説明しときましょう。。

▼「3:2:1」パターン

下2段で「2」コンボ使った
色をもう一度使うパターンです。

たとえば、「1右」「2左」を
「a」にした場合、、

「3右」にもっぺん
「a」を持ってくる
感じですね。。

。。あと、
このパターンは特色として、

「2」の部分には、
「b」「c」どちらでも
持ってくるコトができる

ってコトもあります。

今の例で言えば、
「3左」には、bc
どちらも置くコトが
できて、それは、
中1段を組みだしてからでも
自由に決めれるってコトです。。

▼「2:2:2」パターン

こちらは、下2段で、
2コンボ使った色を
中1段では「使わない」
形です。。

たとえば、下2段で、
aを2コンボ使ったら、
中1段で、bcを使うって
コトになります。。

どちらに置くかは、
2段目の配置で、
決まってきます。。


基本、中1段を
終わって、
パターン的には、

「3:2:1」と
「2:2:2」

の2パターンしかない
ってコトですね。。

これは、けっこう
覚えるコトも少なくて
楽ですよね。。^^

「下2段」「中1段」を操作して「上2段」を有利に

。。で、考え方としては、、

盤面の各色のコンボ数によって、

★上2段が組みやすい形に
 なるように、
 下2段・中1段を
 組み立ててあげる

って流れになってきます。。

下のパターン数が2つしかないので、
わりと簡単に組み立てるコトが
できるようになるんですね。。^^

(しかも、盤面の各色の
 コンボ数も それほど
 パターンが多くないので。。)

余りは「最上段」が基本

。。で、話しを「余り」の方に
持っていきますが、、

まず、余りについては、
僕は、基本

★最上段

つまり5段に
持ってくるのがいいと思います。

。。これは、異論は
そんなにないと思いますが。。

理由は、

■最上段以外だと、
 思わぬ引っつきが
 発生したりする

からです。。

それまで組み立てて、
完全に配置を決めるって
やり方もできますが、、

いまいち面倒くさいですよね。。

もちろん、うまく使えば、
「2wayを入れたり」って
コトもできるんでしょうけど、、

それは、「応用編」ってコトで
今回は、あくまでも基本に
ついて、話していますので、、

「余り」は「最上段」一択で
考えていきます。^^

「余り」も味方につける方法

。。で、何回も練習していく
うちに、、

■余りが2個:1個に
 分かれる時は、
 1個の方を まず
 持って始める

ようになりました。。

その方がなんとなく
見やすいんです。。

さらに、

★余りが2個ある色を
 上2段で2コンボ
 持ってきてあげる

と、さらに、上2段の
パズルが組みやすくなります。

持ってるドロップを除くと、
上2段に別の1色が3個しかない

状態になるからです。^^

。。これは「超」組みやすい
んですが、、

ひとつだけ
デメリットがあります。

それは、
「待ちを作れなくなる」
ってコト。

余り2個を別の色に
してあげると、
最後、一応「待ち」の
形にできるんですが、、

余り2個と2コンボの色を
揃えてしまうと、待ちには
できません。。

組みやすいんですが、
そういうデメリットもあります。

(でも、僕はできるだけ
 このパターンにしてます。^^)

「A3:B3:C3」の場合

。。では、具体的に、
盤面全体のコンボ数と、
組み方について
みていきましょう。。^^

まずは、一番多い
「9コンボ盤面」から
見ていきます。^^

まず、けっこう
多いのが このパターン。。

「A3:B3:C3」です。^^

各色3コンボずつあって、
余りが3個の場合ですね。。

この場合、僕は、
上2段より下を

「3:2:1」

のパターンで組んであげます。^^

そうすると、
上2段には、

「0:1:2」

という風に残ってくるので、

「上2段に1色を
 2コンボ残す」

ってやり方に
当てはめれます。^^

。。で、余りが
2個と1個に分かれてた
場合は、余りが2個の色を
2コンボ残すように
してあげると、、

上2段が メチャ組みやすく
なるのは、さっき言った
通りです。

「A4:B3:C2」の場合

これもよくあるパターン
なんですが、、

「A4:B3:C2」

のパターンです。。

この場合、僕は、
上2段より下を

「2:2:2」

になるように
組んであげるコトが
多いですね。。

そうすると、
上2段は、

「A2:B1:C0」

になり、やっぱり
組みやすくなります。

基本、このパターンと、
上の「A3:B3:C3」の
パターンがほとんどな
気がします。。

なので、組み立ても
わりと簡単なんですね。。^^

「2色陣」の平積みを応用するやり方もある

。。で、今までの話しの
流れとまったく違う考え方の
組み方になるんですが、、

★2色陣の平積みを
 応用する

って やり方も
あると思います。

2色陣の平積みっていうと、

「1右A」なら

「2左A」、「3右A」
「4左A」、「5右A」

って、互い違いに組んでいく
感じですね。。

1色が5コンボある場合

一番、分かりやすいのが、

■1色が5コンボあった時

ですね。。

この時は、さっき
話したように

「1右A」なら

「2左A」、「3右A」・・・

って感じに組んでいって
あげて、その反対側には

「別の2色」か「余り」

を組んでいってあげると
簡単に平積みの最大コンボが
できあがる形です。^^

1色が4コンボで余りがある場合

その考え方を応用すれば、

■1色が4コンボで
 余りが3個

の時も、

■4コンボ+余り3個

を「5コンボ」みたいに
まとめて考えてあげれば、、

2色陣の平積みの応用は
可能ですね。。

この時、注意しないと
いけないのは、

■上2段は、やっぱり1色2コンボ

になるように組み立てて
あげるコトですね。。

余りが入ってくると
「同色」にならないコトも
あるので、注意が必要です。

2色合わせて「5コンボ」または4コンボ+余りの場合

これを さらに応用すると、、

■A3コンボとB2コンボ

をまとめて「5コンボ」って
考えたり、、

■A2コンボとB2コンボと余り3個

をまとめて「5コンボ」って
考えたり、、

って、このパターンに
ハメれる状況はかなり
多いコトが分かるハズです。。

互い違いに組んでいって
あげればいいので楽ですし、、

ただ、上2段同色2コンボは
やっぱり注意が必要ですね。。

「10コンボ」なら「9コンボ」の応用で

。。で、次に「余りがない」
10コンボ盤面の場合ですが、、

今までの応用でできる
感じですね。。

「A4:B3:C3」

なら、9コンボ盤面の
3:3:3のパターンの変形って
考えればいいし、、

もちろん、
「5コンボ」か「合わせて5コンボ」なら
2色陣応用も可能です。

なので、とくに説明する
必要もないと思います。

「8コンボ」はそれほど難しくない

8コンボ盤面の時は、
さらに簡単ですね。。

上2段より下が、

「2:2:2」か「3:2:1」の
パターンがほとんどって
考えると、、

あとは、

「別の色を1コンボずつを
 2つ」

残してあげればいい
ってコトなので。。

これは、正直、テキトーに
組んでも、それほど
ミスらない感じかなぁ~って
思います。

「7コンボ」以下は2色陣の平積みと同じ要領で

。。あと、ほとんどないのですが、
7コンボ以下の場合は、
やっぱり2色陣の平積みの
応用で、どうにかなると
思います。

どれかの色が6コンボ以上
になってるハズなので、

■その色

■他の色+余り(あれば)

の2色陣的な考え方で
イケるでしょう。。

。。。


。。。

最後の方、ちょっと
説明をハショッた感も
ありましたが、、^^;

だいたい こんなトコです。

これで、3色陣の平積みが
うまくなる人が増えてくれると
うれしいですね。。

ではでは~。。